×

金沢聖霊総合病院

  • 〒920-8551
    石川県金沢市長町1丁目5番30号

    交通アクセス
  • お電話でのお問い合わせはこちらまで TEL : 076-231-1295
  
新病院建設ブログ

当院での分娩の取扱中止について

産婦人科受診の皆様へ重要なお知らせです。
金沢聖霊総合病院では諸般の事情により、令和2年12月末日をもって分娩を中止することといたしました。
今後の、分娩予約は出産予定日が令和2年12月10日までの方とし、それ以降の出産予定日の方は希望される施設に紹介させていただきます。
令和2年12月までの予約の方は通常どおり、妊婦健診、分娩をさせていただきます。
なお、分娩中止以降も妊婦健診(分娩先は紹介)産後2週間、1ヶ月の健診、および婦人科診療はこれまでどおり行います。
当院は永きにわたって『お産の病院』のイメージで地域の皆様方に親しまれてきましたことを心より感謝申し上げます。
突然、このような形で分娩中止になることは誠に申し訳ありません。
今後も、内科、整形外科、産婦人科、小児科の診療、健診事業をとおして地域の病院として、職員一同努力して参りますのでご理解賜り、引き続きよろしくお願い申し上げます。 令和2年2月14日 病院長

詳細はこちらをご覧ください分娩の中止に伴う今後の産婦人科診療について

健康教室のご案内

令和2年2月29日(土) 13:30~14:30に当院3階ふれあいホールにて健康教室を開催いたします。
今回のテーマは「まごまご教室~パパママの役割、じぃじばぁばの出来ること」
講師 当院助産師 山田友子、中沢百合子 

当院の各場所にポスターを張らせていただいております。
ご興味のある方は、ぜひお越しください。

健康教室2.29 ←こちらをクリック

ナラティブアプローチ

令和元年11月21日(木曜日)看護部のナラティブアプローチの研修会を開催しました。
ナラティブアプローチとは、心に残っている看護場面を物語風にまとめて語り伝えるものです。6名の語り手のテーマは、
①Child First 児童虐待ケースとかかわり学んだ事 
②産後ケア事業を通してみえたもの
③高齢者の意思決定           
④夫婦のカタチ                  
⑤父の介護を通して得たもの        
⑥外来看護師として年齢を重ねて感じる事
でした。
ナラティブ①
産後ケアや虐待事例への関わりでは、気づきや声掛け、チームの関わりの大切さを再認識しました。
また、認知機能の低下した高齢者とご家族の思いと意思決定支援の現状の葛藤や、高齢のご夫婦の看護を通して夫婦のあり方を考える機会となり、多様な価値観や複雑な社会状況を含め視野を広めることが出来ました。
プラチナナースの語りでは、長年の看護人生の中で看護の核とし持ち続けていることや実践している他者へのいたわりの言葉かけを教えていただきました。 
今回の研修会では、語り手のまなざしの深さや看護の心の暖かさに感動すると共に、聞き手も自らの看護観を語る「分かち合う」時間を持ったことで、互いの看護を認め合い、看護の素晴らしさを実感し、元気がもらえた研修会でした。
ナラティブ②

急変対応研修会

聖霊病院医師・看護職員を対象に急変対応の研修会が開催されました。

医療現場では、いつでも急変が起こりうる環境にあります。

急変時に迅速に対応できるよう、日頃からトレーニングを行う必要があります。
今回は医師、看護師編成による2チームに分かれ、心肺蘇生やAEDの使い方を確認しました。
声をかけあい役割を確認しながら、患者に対応します。
急変対応研修会①
実施後にはチームで振り返りをし、より蘇生率を上げるためにはどうしたらよいか、圧迫法は正しかったかなどの話し合いをする時間を設けました。
挿管や挿管介助のトレーニングも行います。
急変対応研修会②
日頃から急変対応が迅速にできるよう日々のトレーニングが必要と感じ、またそれぞれの意識が高まり有意義な研修となりました。

マタニティヨガ教室

10月19日に開催されたマタニティヨガの様子です。
マタニティヨガ教室① マタニティヨガ教室②
マタニティヨガはゆっくりとした動きで、呼吸を意識しながら行います。体への負担も少ないので、初めての方でも安心してご参加いただけます。

出産には富士山2往復と同じ体力が必要と言われますので、お産に向けてしっかり体の準備をしたいですね!
忙しい毎日の中で、ご自身の体と向き合う時間をぜひ作ってみませんか?
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

日時:奇数月 第1土曜日
   偶数月 第1.3土曜日
時間:10:00~11:00
持ち物:バスタオル2枚、飲み物
対象者:当院に通っている妊婦さん。妊娠16週以降で妊娠経過が正常な方。
    参加同意書に同意し、医師の許可がある妊婦さん。
参加費:¥500(当日徴収します)
申し込み方法:電話で予約または妊婦健診時スタッフにお問い合わせ下さい。

健康教室のご案内

11月29日(金) 16:00~17:00に当院3階ふれあいホールにて健康教室を開催いたします。
テーマ「離乳食について」   小児科 濵郁子、栄養士 石浦真理

当院の各場所にポスターを張らせていただいております。
ご興味のある方は、ぜひお越しください。

健康教室11.29 ←こちらをクリック

ぽんコース

日ごとに秋の気配が感じられる季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、当院で出産される方を対象に行っている「ぽんコース」のご案内です。
ぽんコースの名前の由来ですが、「ぽん!」と赤ちゃんが産まれ、ご安産であることを願ってつけられています。
妊娠後期に入り、いよいよお産の準備にとりかかっていただく時期になりましたらご参加下さいね。

ぽんコース

まずは産科医である院長の朝本医師へ、妊娠中や出産についてのちょっとした疑問や質問に答えていただきます。
その後は助産師より「お産が近づいたサイン」「お産の流れや過ごし方」を映像を用いながらお話しします。
また、入院に準備していただくものの説明もします。
教室の最後には産婦人科病棟、LDRを見学していただき、終了となります。

参加された方の感想より
~お産の流れやイメージを具体的に説明してもらい、心構えができて良かった。
 医師の話も直接聞けて、安心感がありました~
~お産は一人一人違うことが改めて分かりました~
~出産するときの不安が少し解消されました。
入院セットも見せてもらえて参考になりました~

ぽんコースではお産の流れをイメージしていただき、安心して前向きにお産に臨めるようサポートしています。

ぽんコース
<日時> 毎月第3水曜日 13:30~15:30頃
<対象> ・当院で出産される方
     ・妊娠24週から定員15名まで
      「すくすく」パンフレットをお持ち下さい。
<申し込み方法> 電話で予約または、妊婦健診時スタッフにお問い合わせ下さい。

いのちの祝福

当院で産まれたお子さまとご家族で、ご希望のある方を対象にお子さまの健やかな成長を願って、金沢聖霊修道院のシスターより「お祈り」をさせていただきます。場所は隣接する金沢市指定文化財である金沢聖霊修道院聖堂で行います。退院が近づきましたらご希望をお伺いいたします。
いのちの祝福
新しいいのちへの祝福

お産のふり返り

産後3日目にアロマを使用したフットマッサージを行いながら、お産のふり返りをする時間を設けています。
バースプランの内容や出産の感動、ご家族のサポートで心に残っていることなど何でも自由にお話しして下さい。
お産のふり返り
アロママッサージはお好きなアロマをお選びいただけます。

マタニティヨガ教室

マタニティヨガインストラクター・浅倉優子先生によるマタニティヨガ教室を開催しています。
妊娠中におきやすい、むくみやこむら返り、冷え、ストレス、体重増加などのマイナートラブルのケアを目的としています。また、出産に向けた体力作りや心の準備、お産の際に活かせる呼吸法を身につけるなどの効果が期待できます。
参加には医師の許可が必要ですので、ご相談下さい。

日時:奇数月 第1土曜日
   偶数月 第1.3土曜日
時間:10:00~11:00
持ち物:バスタオル2枚、飲み物
対象者:当院に通っている妊婦さん。妊娠16週以降で妊娠経過が正常な方。
    参加同意書に同意し、医師の許可がある妊婦さん。
参加費:¥500(当日徴収します)
申し込み方法:電話で予約または妊婦健診時スタッフにお問い合わせ下さい。

1 2 3 4 5
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (2)
  • 2019年11月 (2)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (1)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (3)
  • 2019年5月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年8月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年9月 (2)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年3月 (1)